20170620091749.jpeg

JPSA 第2戦 / IZU SHIMODA CHAMPION PRO が終了。

試合前半の2日間は極小波での厳しいコンディションでしたが、今日ファイナルデイは見事サイズアップし、勝ち上がった選手の素晴らしいパフォーマンスのバトルとなりました。

まず、ウィメンズのファイナルは、ティーンエイジ3人とベテラン女王一人の戦い。

20170625141315.png

現在、世界を目指す沢山のティーンエイジの活躍が目立つ中、30歳を超える庵原さんは確実にスコアを出しファイナル進出をしましたが、乗りに乗っているヤングジェネレーションの勢いは止まらず、キレのある技を披露していました。

よって、7点台と6点台を後半に出した、野中美波選手が見事初優勝を果たしました。

おめでとう!!

続いて、メンズファイナル

20170625144643.png

速報でお伝えした、脇田泰地選手がファイナルに出場しましたが、上位の選手のハイポイントに近づけるハイポイントが出ずに、アベレージスコア2本で終了。結果3位でフィニッシュしました。

前半から引き離していた、地元出身・WQS戦で活躍している大野修聖のビッグターン&リップは凄かったが、一発目に7点台の凄いライディングを披露した四国出身の西兄弟の末っ子・ユウジ選手はじっくりいい波を待ちなんと8.75のエクセレントを叩き出し、終了間際までプライオリティーを持つ大野選手にも拘わらず、近くに張り付きプレッシャーをかける姿は、17歳とは思えないしっかりした精神力に感動しました。

恐るべしニシユウジ・・・

20170625143309.png

最後に大野選手が乗るが、痛恨のワイプアウトをしてしまい終了。

ずっとライブ観戦をしていましたが、いやぁ〜若いティーンエイジの勢いは凄いものがありました。

選手の皆さん、役員スタッフの皆さんジャッジの皆さん、お疲れ様でした。

次は

【Surfing for all がんばろう日本!】
JPSAジャパンプロサーフィンツアー2017 ショートボード第3戦

夢屋サーフィンゲームス 田原オープン

期  日/7月27日(木)~30日(日) ※プロトライアル同時開催
会  場/愛知県田原市伊良湖
特別協賛/夢コーポレーション株式会
です。

まず最初に、プロボディーボードAPB世界ツアーを転戦しているDOVEライダーの鈴木彩加プロが、ブラジルにて先日行われたItacoatiara Proで、見事優勝を果たしました!!

20170625080440.jpgPhoto : Rising mag / Masahiko Yoshioka

20170625080508.jpgPhoto : From Rising mag / Masahiko Yoshioka

詳しい情報は、サーフィングフォトグラファー吉岡昌彦氏のサイト Rising mag をチェック!!

20170625080835.pnghttps://risingmagazine.com/myp_x_rising

続いて、JPSA第2戦・IZU SHIMODA CHAMPION PROファイナルデイを迎え、現在、メンズのクォーターファイナルが行われています。

20170625081103.jpeg

朝一に出場した、DOVEライダーの松下諒大選手は、残念ながらここで敗退してしまいました。

20170625081335.png

そして、先ほど終了した、ヒート3にクレジットの脇田泰地選手と関口真央選手2人が入るヒート。

20170625082250.png

終了間際でのバトルで、脇田泰地選手がなんとか2位をキープして、いよいよセミファイナルへ進出しました!!

さぁ、次はセミファイナル。

GO Taichi !!